株式会社アーキ・ピーアンドシー採用情報:積算の仕事とは

Work積算の仕事とは

積算とは

建築に必要とされる工事費用を算出する業務のことです。設計図から建築物の概要を把握して、どのような工事が必要か、どの資材がいくつ必要かなど、建築にかかる費用を計算します。この「数量拾い」の作業中に気づいた図面上の矛盾や不明点を、施工業者や設計士に確認し、適切なアドバイスをすることも、積算担当者に求められる役割です。このような工程を経ることで、工事の正確性・妥当性を担保することができるのです。

積算事務所の仕事

積算は建築工事の企画が立案されてから竣工・引き渡しにいたるまでの間、複数回行われます。企画設計段階、基本設計段階、実施設計段階、また工事着手後の変更積算と、工事のフェ―ズに応じて適切な積算が求められます。私たちアーキ・ピーアンドシーのような積算事務所は、積算のプロフェッショナルとして、ゼネコン・建設会社、設計事務所などから依頼を受けています。