トップページ > 業務内容 > 建築積算 > 業務の流れ > 内訳書作成

前のページへ            次のページへ

内訳書作成

内訳書は建築物の工事費を算出するために必要となるもので、積算事務所にとっては唯一と言って良い商品となるものである。

内訳書の書式は【建築工事内訳書標準書式】という一定のルールは制定されているが、発注者による指定書式が優先され、一般的な「工種別内訳書」や「部位別内訳書」の他に、棟別やエリア別があるため区分内訳書が求められる場合もある。

積算事務所はさまざまな設計事務所や建設会社の独自書式に合せて内訳書を作成出来るように内訳書の特徴を理解して、必要があれば拾い作業の段階からあらゆる状況にフレキシブルに対応できるように態勢を整えておかなければいけない。

前のページへ            次のページへ

メインメニュー

Copyright 2006 (C) Archi P&C co.ltd., All rights reserved.